債務整理の賢い選び方<借金解決のコツは?>

債務整理のデメリット

債務整理には様々なメリットがあります。例えば借金で返済が不可能になってしまった際には、自己破産をすれば借金をなくす事ができます。

 

マイナスからゼロに戻す事ができるという事で、とてもメリットは大きいと言えるでしょう。

 

また同じく借金があるという方は、場合によってはその借金が減額になったり、払いすぎていた利子が返金されるなんていう事も少なくありません。
このようにメリットの多い債務整理ですが、もちろんデメリットというものも存在しています。

 

例えば自己破産の場合には、借金がなくなる代わりに資産は差し押さえになります。
なので車や家などを手元に残す事はできないでしょう。

 

また信用もなくなりますから、しばらくはお金を借りたり、クレジットカードを作ったり、ローンを組んだりという事も難しくなります。

 

また過払い金などの支払いに関しても、必ずしも全額が返ってくるというわけではなく、また弁護士に依頼をする必要がありますから、当然お金がかかります。

 

そのため、その費用よりも返ってくるお金や減額になる借金が少ない場合には、損をしてしまう事もあるのです。

 

このように債務整理にはデメリットもありますから、メリットとデメリットを照らし合わせて本当に得をする事ができるのかきちんと考えましょう。